聖書に基づいた正統派キリスト教会★札幌クリスチャングループ

教えとコーチング

聖書の言葉は私達の霊的な食物です。でも聖書にどれだけすばらしい約束が語られていても、「その言葉は現在の私達には関係ない。」と教えられていたらその祝福については求めなくなってしまうことでしょう。ですから、聖書そのものを学ぶだけでなく、自分の人生に関わりがある事を知る必要があります。

また、聖書の教えを自分の生活に適応する知恵が必要です。エペソ人への手紙4章11節に「牧師または教師」という言葉が出てきます。すなわちこれは「牧会的働きと教えること」には密接なかかわりがあります。

牧会的カウンセリングで忙しくしていたモーセに対してしゅうとのイテロは「彼らに教えるよう」とアドバイスしました。民の多くの問題はきちんと「教え」を受けていなかったことから生じたからです。

ですからクリスチャンは牧会的ケアーを受けると同時にあらかじめ教えを聞かされている必要があります。それによって、それに基づいた判断を本人が選択することができるからです。

コーチング

どんなに良い教えを受けたからといって、それだけでうまくいくものではありません。「人は何が正しいかわかっていてもそれを実行する力が無い」からです。

コーチングとは教えやカウンセリングとは異なります。もちろん「教え」に似た面もありますが、本人の「気づき」によって自分で正しい選択や決断ができるように導いていくものです。

よい原則の教えを受けても、それを実行するには時と場合があります。同じ結果を得るためにもある人と別の人では真逆の行動が必要であったり、同じ行動をするなら逆効な場合もあるのです。ですから、さまざまな状況の中でコーチが手助けをするのです。

基礎の学びの教材

教会で使用している基礎の学びの教材はこちらです。


シリーズで開催された子育てコーチング(講師は教会スタッフ)

 


CFNJ聖書学院での家族への教え(牧師夫妻による)

この教えは5回シリーズでこちらのリンクから視聴できます。