聖書に基づいた正統派キリスト教会★札幌クリスチャングループ

良い雰囲気

私達が心がけていることは良い雰囲気を作り出すことです。

「恵み」の説明でも書きましたが、良い雰囲気は器のようなものです。どれだけ福音の本質がそこにあり、神の霊が働いていても、固い雰囲気や宗教的な雰囲気の中では人々が心を開きにくく、せっかく注がれている祝福を逃してしまう場合があるからです。

良い雰囲気とは「愛」「寛容」「受け入れ」「恵み」「喜び」「へりくだり」のある雰囲気です。

私たちの教会の奉仕は最高の能力の人に最高の働きをさせるとは限らず他の人を建て上げるために、別の人を用いることも多いです。その際に必要なのは、奉仕に慣れていない人に恥ずかしい思いをさせたり、弱さを受けれいることのできる恵みの雰囲気です。 「失敗したらどうしよう」という雰囲気の中では、できることもできなくなってしまいます。恵みの雰囲気の中で人は大きく羽ばたくことができるのです。

 

喜びは多くの問題への解決策

ナチュラルキラー(NK)細胞の発見により、笑うことが健康に良い影響を与えることは最近の医学では常識となりました。興味深いのは、その笑いがたとえ「作り笑い」であっても効果があるという点です。つまり、心から笑うことができない人であっても、決心によってある程度は効果を得れるということです。

NK細胞の作用は健康の問題ですが、同様に笑いや喜びは感情的にもまた、霊的にも私達に健康を与えます。パウロはピリピ人への手紙の中で何度も「喜びなさい。」という言葉を繰り返しました。そしてそれは「あなた方の安全のため」(ピリピ3:1)とも語っております。

人をいやしめるものであったり下品な冗談は神に喜ばれるものではありませんが、笑いや喜びをもたらすことについては寛容である(親父ギャグなどといって切り捨てない)ことは必要だと思います。(笑)

(詩篇16:11) あなたは私に、いのちの道を知らせてくださいます。あなたの御前には喜びが満ち、あなたの右には、楽しみがとこしえにあります。

この言葉にあるように、喜び、楽しみは神が与えてくださるものであり、それは私達の霊、魂、肉体の健康の為なのです。

 

メキシカンタコスパーティー