head_img

神の恵みの中で

主の御手の中でたどり着いた祝福と恵み

photo

私たちの教会は30年以上の歴史があります。 開拓から10年の間、宣教師の指導の下で順調に成長し、その後、日本人の牧師が立てられました。しばらくは順調だったのですが、その後大勢の人が出ていくようになりました。その様は、スタッフの数が半分になり、最終的に残ったのはスタッフの家族以外では2人だけだというほどの壊滅的な状態でした。この教会はもうなくなってしまうと考える人も多かったと思います。そうなってしまった原因は先代の牧師はとても有能な方だったので、その後を継いだ日本人牧師に失望したのでしょう。

祝福の始まりでした
その時に感じた事は、札幌市には100以上のキリスト教会があるので一つぐらいなくなっても、メンバー以外は誰も困らないだろうということです。
そして、もし、あっても無くてもどうでもよい教会だったら必要ないと思いました。ですから、残ったスタッフ達と牧師は膝をかがめて祈り、本当に神様が望まれる教会とはどのようなものかを祈り求めたのです。

教会の本質

そういった中、神様は教会の本質とは何かについて様々な機会を用いて教えてくださいました。 そして、教会の建築材料は人であるがゆえ、一人一人が健全になることによって健全な教会が建て上げられることについて教えてくださいました。
外から見える立派さではなく内面や心の動機が大切なことに気が付きました。もちろん、そんなことは頭では分かっておりましたが、実際に私たちがしていたことは、内面を大切にはしていなかったのです。

持続可能な教会

教会が壊滅状態になった時に感じたことは牧師が変わるたびに教会が危機を迎えるようではいけないということです。もちろんある程度の変化はあることでしょう。しかし、運営方針そのものは引継ぎと持続可能であることを目指すべきなのです。

主への感謝

ここまでこれたのは主の恵みです。そしてこれからも主の恵みを私たちは必要としています。
全ての恵みを主に感謝したいと思います。

 


ページトップに戻る