head_img

家族への働き

神さまは家族を祝福される

photo信仰の父と呼ばれるアブラハムを神様が召したのは地上のすべての家族(ミシュパハ)を祝福する為だと聖書に書いてあります。そのように家族と言う価値観は私たちにとって最も重要なものの一つだと考えています。 それはもちろん家族で集っている人が優遇され単身者が疎外されるという意味ではありませんが、それは神さまが人を増え広がらせるためにつくられたシステムであるが故、神さまの計画を理解する上で、家族呼ばれるものに目をとめるのは良いことです。

教会は神にある家族

詩編 68編6節に 「神は孤独な者を家に住まわせ」とありますが、これは「家族の中に住まわせる」という意味です。様々な事情の中にあって孤独であったり交わりがとぼしい人であっても教会が一つの家族、あるいは親戚のように機能していくのです。

健全な社会を作り上げるために

人は家族のもとで生まれ成長します。ですから、家庭が健全であるなら社会も教会も健全になるのです。しかし、どんな良い家庭で育ったとしても子供が傷ついて育ってしまう事は起こってしまいます。 ある程度は仕方がない面もありますが、あらかじめ知っていたら防げることもたくさんあります。ですから、そういった事も踏まえて何かアドバイスをしてお手伝いできると思います。

 

 



ページトップに戻る